Journal of Environmental Biotechnology Vol.12, No.2, 2012
(環境バイオテクノロジー学会誌 12巻2号)


巻頭言:
「環境バイオテクノロジーの20年後」
金原 和秀…(81)
特集:「炭素循環社会の鍵を握るバイオマス変換技術:我が国の最前線」
(特集序文)特集によせて
跡見 晴幸…(82)
シュガープラットフォームを構築する環境バイオ技術:
Clostridium cellulovoransセルロソームによるソフトバイオマス完全糖化
山本 康介、田丸 浩…(83)
  液体バイオ燃料の次世代革新技術
  坂 志朗…(87)
総説:
(平成24年度学会賞受賞者)
  環境微生物の新規な代謝機能の探索と開発
  古川 謙介…(97)
(平成25年度技術賞受賞者)
  ベンゼン汚染土壌・地下水の好気的及び嫌気的バイオレメディエーション技術の開発
  高畑 陽…(111)
(平成25年度奨励賞受賞者)
  芳香環水酸化ジオキシゲナーゼの電子伝達におけるタンパク質間相互作用
  井上 謙吾、梅田 隆志、松澤 淳、野尻 秀昭…(113)
(平成25年度ポスター賞受賞者)
  嫌気脱窒環境下における緑膿菌のBiofilm形成メカニズムの解析
  清川 達則、八幡 穣、豊福 雅典、内山 裕夫、野村 暢彦…(123)
  緑膿菌によるクォーラムセンシング阻害剤C-30の代謝変換と阻害効果の追及
  橋本 卓宏、前田 憲成、門上希和夫、Rodolfo Garcia-Contreras、
Thomas K. Wood、尾川 博昭…(129)
  プラスミド保持に伴う負荷を軽減化する宿主染色体因子
  能登 優、瀬 識之、橋裕里香、松本 貴嗣、吉川 博文、土金 恵子、
細山 哲、藤田 信之、岡田 憲典、山根 久和、野尻 秀昭…(135)
原著論文:
(通常論文)
  Anaerobic Bioconversion to Value-Added Byproducts from Two Promising Biomass in the Future, Crude Glycerol and Sewage Sludge
  Hayato Tokumoto and Chie Kimura…(141)
  重油に対する原位置バイオレメディエーションにおける微好気帯の浄化効果に関する検討
  田中 宏幸、松久 裕之、野村 暢彦、中島 敏明、内山 裕夫…(147)
  竹炭上における酢酸資化性メタン生成菌の固定化と増殖
  徳本 勇人、作田 伸彰、長尾 孝徳、吉原 章仙、野村 俊之…(155)
  異なる栄養条件下におけるプラスミドの接合伝達頻度の比較解析
  新谷 政己、李 美英、松井 一泰、大熊 盛也、岡田 憲典、野尻 秀昭…(163)
編集後記 
(175)
 

Copyright(C) 2003 Japan Society for Environmental Biotechnology