Journal of Environmental Biotechnology Vol.2,No.1, 2002
(環境バイオテクノロジー学会誌 2巻1号)

巻頭言

特 集:「最前線−有機塩素化合物汚染のバイオ浄化研究」

総 説
微生物によるポリ塩化ビフェニル(PCB)の分解:最新の遺伝生化学的研究
末永光、渡邉祟人、藤原秀彦、西哲人、古川健介・・・( 1)
Pathogenic Potential and Toxic chemical Degradation by Burkholderia cepacia
Tohru Yamada、Masatoshi Goto、Yoshinori Hiraoka、Olga Zaborina and M.Chakrabarty・・・(13)
トリクロロエチレン汚染現場の浄化における分子生物学的手法の利用
中村寛治、石田浩昭、飯泉太郎・・・(17)
有機塩素系農薬による汚染の浄化のための環境バイオテクノロジー
永田裕二・・・(25)

原著論文
相同的組換えによる高トリクロロエチレン分解能を有する組換え体の開発
中村寛治、石田浩昭、飯泉太郎・・・(39)
A fundamental study on bio-control of environmental mosquito problems-Genetic and biological characterization novel insecticide bacteria
Plearnpis Luxanail、Haruyuki Atomi、Urai Chaisri、Sumalee Tungpradabkul、Sakol Planyim and tadayuki Imanaka・・・(47)
A Thermophile Degrading Poly(Ethylene-co-Vinyl Alcohol
Kosuke Tomita、Haruyuki Kuroki、Tomohiro Nakajima and Atsushi Suzuki・・・(53)


Copyright(C) 2003 Japan Society for Environmental Biotechnology