Journal of Environmental Biotechnology Vol.3,No.1, 2003
(環境バイオテクノロジー学会誌 3巻1号)

巻頭言
「地球環境バイオのシミュレーション」
古川 謙介・・・(1)
特 集:「環境ホルモン汚染のバイオ浄化研究の新展開」
(特集序文)「内分泌かく乱物質」の特集によせて
宮本 和久・・・(2)
核内受容体を利用したバイオ技術による内分泌攪乱化学物質の分析と生物影響評価
斎藤 幸一、住田 佳代・・・(3)
下水処理における内分泌攪乱物質の除去特性と分解微生物
宮 晶子、恩田 建介・・・(15)
内分泌かく乱化学物質の生物分解と環境浄化への応用−光独立栄養微生物の利用−
廣岡 考志、永瀬 裕康・・・(23)
原著論文
(通常論文)
Acidulocomposting; an Accelerated Composting Process of Garbage under Thermoacidophilic Conditions for Prolonged Periods
Tokuzo Nishino,Toru Nakayama, Hisashi Hemmi,Takefumi Shimoyama,Satoshi Yamashita,Minoru Akai,Takahiro Kanagawa and Katsuji Hoshi・・・(33)
内分泌攪乱物質の核内受容体ファミリーを介する作用発現
西川 淳一、間宮 聡、金山 和彦,西原 力・・・(37)
Bacillus属水銀耐性細菌と組み換え大腸菌による有機水銀化合物の除去特性
成田 勝、西澤 博、石井 秀学、黄 介辰、遠藤 銀朗・・・(43)

Copyright(C) 2003 Japan Society for Environmental Biotechnology