Journal of Environmental Biotechnology Vol.6,No.1, 2006
(環境バイオテクノロジー学会誌 6巻1号)


巻頭言:
「環境バイオテクノロジーの国際的展開を」
宮本 和久・・・(1)

特 集:「生物多様性条約と環境バイオの接点」
(特集序文)「生物多様性条約と環境バイオの接点」の特集によせて
倉根隆一郎・・・(2)

遺伝子組換え生物と環境バイオ−世界の安全性議論と日本の対応
炭田 精造・・(3)

遺伝子組換え微生物の第一種使用における安全性評価
岩崎 一弘、矢木 修身・・・(7)

組換え微生物の開放形利用における安全性評価手法の開発
野田 尚宏、鎌形 洋一、丸山 明彦、金川 貴博、中村 和憲・・・(17)

環境浄化微生物に見られる遺伝子の水平伝播−微生物種に共有された水銀耐性遺伝子から組み換え生物の開放形利用を考える−
遠藤 銀朗、松井 一彰、成田  勝・・・(27)

原著論文
(通常論文)
Characterization of 2,4,6-Trinitorotoluene(TNT)-Metabolizing Bacteria Isolated from TNT-Polluted Soils in the Yamada Green Zone, Kitakyushu, Japan
Toshinari Maeda, Kiwao Kadokami and Hiroaki I. Ogawa・・・(33)

Polyamines affect polyphosphate accumulation in Escherichia coli
Kei Motomura, Noboru Takiguchi, Hisao Ohtake and Akio Kuroda・・・(41)

(技術論文)
六価クロム含有高アルカリ性建設泥土のバイオレメディエーション
椎葉 究、隅丸 潤、岩城 全、河原 智治、林  亮、宝示戸恒夫・・・(47)

書評
  バイオプロダクション−ものつくりのためのバイオテクノロジー−(コロナ社)
西尾 尚道・・・(53)

Copyright(C) 2003 Japan Society for Environmental Biotechnology